ホーム > 正しい爪の切り方

正しい爪の切り方

 

まず第一に足に関心を持つことから始まり、爪の正しい切り方からだと思われます。 爪は人間が行う基本的な動きにはなくてはならない器官で、もし、爪がまったくなければ物をつかむことも、立つことも、歩くことも出来なくなるぐらい大切なところなのに軽視されがちです。 もし子供の頃に正しい爪の切り方を教えてもらっていたらこんなにも足のトラブルはなかったのでは、と最近はよく思うのです。

巻き爪治療

自分もそうでしたが、間違った切り方などしているわけがないと思っていましたが、来院される方でトラブルを持っている方のほとんどが深爪だったということが現状です。
深爪(爪の先の白い部分がない、爪の下の皮膚が見えることなどがあれば深爪の可能性有です)だと十分な機能を果たせないばかりか、力がうまく伝わらないために不必要な筋力を使い、疲れやすくなったり、歩行障害などから二次的な疾患を招くおそれもでてきます。

手も足も共通していえることは、白い部分は少しでも残すことが第一条件です。白い部分は全て切らないといけないという間違った常識をなくして下さい。足に関していえばスクエア(横にまっすぐ)に切るということです。

また切ったままにせず、爪ヤスリなどで形や角を整えておくと、ひっかかりもなくトラブル予防にもなります。
爪が伸びたと思ったら、切らずにヤスリなどで削る方が安全で、トラブルを防げます。

 

気をつけて!間違った爪の切り方

<深 爪>

× 指に力がかかった時、外力により爪が皮膚に食い込みます。
× 爪がない部分に力がかかっても、爪が無いので力が十分に伝わらず、
パワーロスが生じ、パフォーマンス・筋力の低下につながります。

深爪

<伸ばしすぎ>

× 適正な力がかからず、爪が割れる危険性も高く、割れてしまうと極度な深爪になることも多く注意が必要です!

巻き爪治療

<初めて巻き爪の治療を検討されている方へ>

    巻き爪治療

当院はリフトアップネイルプレートを使用して補矯正します。
巻き爪の治療方法は足の専門分野から高い評価を頂いています。
巻き爪にお悩みの方々から、ほとんど苦痛を伴うことなく
高い効果を得られるという多くの喜びの声を頂いております。

ささいなことでも結構です。
巻き爪でお困りの方はお気軽に(078-411-0619)までお問合せください。

電話番号・メール問い合わせ