ホーム > 巻き爪矯正手順

巻き爪矯正手順

巻き爪矯正の手順(矯正の流れ)


◆ お越しいただいた後、まず爪の症状の記入をお願いしています。

現在の爪の状態やお悩みごと、お困りの症状をお聞かせください。
親切丁寧に説明し、相談に応じています。

◆症状をもとに施術案・ご説明を行います。

現在の爪の状態(巻きの強さ、深さ、硬さ、感染の可能性の有無等)ブレース法の適用、矯正に掛かる費用・期間を説明し納得されてから施術を行ないますのでご安心下さい。

◆施術開始。

まず爪の表面を研磨することからはじめます。目的としては爪の保護膜の除去です。
保護膜には油分が含まれており除去せずに接着すると外れやすくなるため必須の作業です。また爪の表面が凸凹だと同様ですし表面の処理ほど大事な作業はないと言っていいぐらいです。

あらゆる角度から観察します。質・色・左右差・他の趾などを入念にチェック。

ケア実施に問題なければテーピングからスタートします。

研磨の際は先端ビットの選択・回転数・角度・支持手や音などにも注意します。

プレートの選択・範囲・角度の判定。必ず押さえて確認します。

グルーを流して接着・硬化。この時、強く押さえ過ぎないよう充分に注意を払います。

逆サイドも同様です。グルーは量に注意します。

アクチベーターを効果的に。2枚目以降も同様に行います。

プレート2枚装着しました。 次いでプレート3枚を装着。

サイド・爪周囲の整え前。サイド・爪周囲の整え後です。

◆最後にコーティングをします。

最後にコーティングをして終了です。

サイド・爪周囲の整え前             サイド・爪周囲の整え後


<初めて巻き爪の治療を検討されている方へ>

    巻き爪治療

当院はリフトアップネイルプレートを使用して補矯正します。
巻き爪の治療方法は足の専門分野から高い評価を頂いています。
巻き爪にお悩みの方々から、ほとんど苦痛を伴うことなく
高い効果を得られるという多くの喜びの声を頂いております。

ささいなことでも結構です。
巻き爪でお困りの方はお気軽に(078-411-0619)までお問合せください。

電話番号・メール問い合わせ