ホーム > 巻き爪になる原因を探ろう

巻き爪になる原因を探ろう

原因としては爪のカット、誤った処置が大半を占めます。痛いからと深く切り込んでしまったり、気になるからと爪の白い部分を全て切ってしまうなど、ほとんどの方が誤った切り方、処置をされています。
来院された方で適正な長さ・形状の方は2パーセント程度です。
もう一つあげるとすれば筋力の弱さ・趾の使い方の低下です。現在まであまり重要視されることがなかった分野ですが、筋力が低下すると外反母趾などの変形を助長したり、つま先が上がった状態になりやすく、趾を十分に使い切ることが難しくなります。一見なにも繋がりがないように思えるかもしれませんが、爪に適正な外力が加わらないと爪は生理的な湾曲を強める傾向があります。湾曲が強くなった爪に間違った処置をすることで悪循環の第一歩が始まります。

成長期の筋力は未発達です。体型・体格・環境など大きく変化しますので、周囲の方の注意が必要です。 日常生活に支障をきたさないと訴えてこない傾向があります。

靴選びも重要です。痛いからと大きめの靴を選ぶのは、良い対処とはいい難いです。ご自身の症状・状態に合わせて選んでいる傾向があれば注意が必要です。施術後の生活は、基本的に制限はありません。入浴やスポーツもOKですが、個々に行うアドバイスを守っていただく形となります。外観は注意しないとわからないくらいなので、素足になっても大丈夫です。正しい爪のカット・処置を覚える・適正な爪の長さと形状を知ることが大事です。横に真っ直ぐ(いわゆるスクエア)にすることは大事ですが、巻き爪だと難しいのも事実です。
また切りっぱなしだと角が引っかかり危険です。角は滑らかな緩い曲線を意識して仕上げることが大事です。また自分で切れない、伸ばしたほうが良いと聞いたからといって、伸ばしたままでは爪が割れてしまう、靴などに当たって痛みの原因にもなります。一週間に一度は爪のチェックをすることを心がけてみてください。


<初めて巻き爪の治療を検討されている方へ>

    巻き爪治療

当院はリフトアップネイルプレートを使用して補矯正します。
巻き爪の治療方法は足の専門分野から高い評価を頂いています。
巻き爪にお悩みの方々から、ほとんど苦痛を伴うことなく
高い効果を得られるという多くの喜びの声を頂いております。

ささいなことでも結構です。
巻き爪でお困りの方はお気軽に(078-411-0619)までお問合せください。

電話番号・メール問い合わせ