市橋クリニックHP

市橋クリニックHP

日本ネイルカウンセリング協会

日本ネイルカンセリング協会HP

巻き爪ドットコム

巻き爪ドットコム

巻き爪病院

新着情報

2017年
8月24日(木)

当院の巻き爪矯正には「リフトアップネイルプレート」を用います。
皮膚や爪を傷付けず、痛みも伴わない最新の施術法です。
巻き爪でお困りの方は、お気軽にお問合せください。 →施術をご希望の方へ

巻き爪症状

巻き爪の注意点


巻き爪(まきつめ)とは?

字の如く「巻いている爪」つまり横方向に湾曲している爪の状態を指します。
その原因は、「間違った爪の切り方」「サイズの合っていない靴」「急激な体重の増加」「過度のスポーツ」等が挙げられます。足の親指以外にも発症しますし、巻きの強いもの、軽度なもの、痛みの有るもの、無いものなど様々です。痛くないから放置、または自己処理を続けると痛みの発症リスクは高くなり、場合によっては皮膚を傷つけて、そこから細菌が入り込んでしまうこともあるため、早期に対処する必要があります。またその他の類似症状として、以下のようなものがあります。痛みの原因として間違った爪の切り方により切り残しができ、痛みの誘因になる刺し爪。極度に横部分を切ったり、爪をちぎったりすることで痛みの原因になる深爪。外傷などにより爪が剥がれたり割れたりすることで起こる二枚爪や成長障害など。 その理由としては、爪のケアに対する間違った解釈や靴の選び方などが挙げられます。痛みから解放されたいが為に、爪の食い込んだ部分を深く切り込んでしまうと、しばらくの間は痛みもなくなりますが、爪が伸びるにつれて食い込みはますます強くなり、また切ってしまう・・・。その繰り返しにより悪循環を引き起こすケースが大半です。爪は私たち人間が手や足によって行う基本的な作業の為になくてはならない器官です。足の爪のトラブルにより、歩く、立つ、地面を蹴るといったごく当たり前のことにも支障が出てしまい、他の器官にまでトラブルがおこることも考えられます。爪のトラブルが回復しても、靴の選び方、アフターケア、日常の手入れを怠っていれば再発は免れませんので、巻き爪の症状にお気づきになられたら、ぜひ一度当所までお気軽にお問合せください。

<神戸・市橋クリニックの巻き爪矯正>

当所ではリフトアップネイルプレートにより皮膚を傷つけることなく改善します。
日常生活での爪の切り方から靴の選び方など巻き爪予防のアドバイスも行っています。

お越しいただいた大多数の方が、矯正後には爪の痛みから解放されております。
施術後の会話では、「もっと早くしておけばよかった…」「爪の形が変わった」「痛くない」という声をよく耳にします。
当所はこのような巻き爪症状でお困りのお客様さまにお役にたちたいと考えております。
施術は痛みを感じることはありませんので、多くの女性やお子さんもお越しいただいています。

脚の爪の様子
男性・左足

脚の爪の様子
女性・右足 4/29→6/19

<矯正期間の目安>

巻き爪矯正の期間は平均4ヶ月~6ヶ月、症状の改善されていく様子は実績ページをご覧下さい。

そして巻き爪にお悩みの方々からは、「ほとんど苦痛を伴うことなく、高い効果を得られる。」という、多くの喜びの声を頂いております。ささいなことでも結構です。
巻き爪矯正については、お気軽に(078-411-0619)までお問合せください。

 

日本ネイルカウンセリングの補正ケアプレート 「リフトアップネイルプレート」 について

リフトアップネイルプレート

LUNPは足の爪の食い込みに対するケア方法で、爪に直接装着するのに適しています。このプレートを装着の際は、それぞれの爪のサイズに合わせて調整可能です。皮膚や爪を傷付けませんので、痛みをともなうことはありません。
LUNPは反発力のある特殊なグラスファイバー製のプレートです。平らな形状になっており、爪の表面にのみ装着します。このプレートを爪に装着することによってプレートの戻ろうとする力が爪全体に分散されるので、どこかある部分を強く圧迫するということもなく補正することができます。
爪への装着は短時間、かつ安全に固定することができます。爪の根本もこれによって影響を受け、補正されます。また続けてLUNPを使うことで爪甲が広がり平らになります。


電話番号・メール問い合わせ